看護部

看護部の理念・看護部基本方針看護基準部署紹介教育実習受け入れ・奨学金制度

看護総括部長あいさつ


看護総括部長  成田 勉

青森敬仁会病院は、陸奥湾を展望できる小高い場所に位置し、療養型病院として地域に根ざした医療に取り組んでおります。 病床数は、回復期リハビリテーション病棟60床、医療療養病棟60床です。
当院の看護部は看護職・介護職で構成され、常に情報交換や連携を大切にしながら協働し、誠意を持って看護を実施しております。そして、看護実践を通して、相手を思う心を大切に、看護・介護の専門性を発揮するとともに、他職種との協働・連携による「チーム医療」を推進し、安心で安全な療養環境を提供して、来院していただいた患者様が少しでも満足していただける医療・看護・介護を提供できるよう日々努力しております。また、他の医療機関、福祉施設等と連携を取りながら「チーム医療」を推進し、継続的、包括的なケアを提供するよう取り組んでおります。
働く職員に対しても、看護師の定着に向けて、看護師寮の完備、通勤手段がない・運転が不安という方のための通勤送迎車両の運行の他、育児休業取得や育児短時間勤務など、子育て期間中の方も仕事と家庭を両立して働くことができるよう支援し、「働きやすい職場環境づくり」をおこなっております。また、長期離職により仕事に復帰するのに不安のある方や、家庭の事情等で勤務できる時間や曜日に指定がある方にも柔軟に対応しておりますので、是非ご相談ください。
看護師を目指して勉学に励んでいる看護学生の方には、少しでも学費や生活費等を軽減し、安心して学業に専念できるよう奨学金貸与制度を設けており、年度途中からの受け付けも可能ですので、お問い合わせ下さい。
今後も、まごころを持って心伝わる医療・看護を行い、地域の皆様に信頼され、地域に根ざした病院を目指して行きたいと思います。

 

 

看護部の理念

私たちは、まごころを持って、安全で質の高い看護をいたします。

 

看護部基本方針

・私たちは、良質の医療を提供するために、自身の能力の向上に努めます。

私たちは、コミュニケーションを大切にし、他部門との連携を強化し、患者様のサービス向上に努めます。

看護基準

《看護体制》

■回復期リハビリテーション病棟(60床)

  看護職員15:1、看護補助者30:1

■療養病棟(60床)

  看護職員20:1、看護補助者20:1

 

《看護方式》

チームナーシング + 受け持ち制

 

《勤務体制》

変則2交替
早番( 7:00〜15:30)
日勤( 8:30〜17:00)
遅番(10:00〜18:30)
夜勤(16:30〜 9:00)

 

↑このページのトップへ

部署紹介

2病棟

60床の回復期リハビリ病棟です。
当病棟では、医師・看護師・介護福祉士・リハビリスタッフ・MSW等、多くのスタッフが一丸となった「チーム医療」を展開し、患者様の状態に合った多彩なリハビリプログラムを実施し、在宅復帰に向け取り組んでいます。また、日常生活動作もリハビリ訓練の一環としており、離床はもちろん自分でできることを促し、やれることの喜びを感じてもらえる所です。


回復期リハビリテーション病棟

3病棟

60床の医療療養病棟です。
急性期医療の治療を終えても、引き続き医療の必要性が高く、病院での療養が継続的に必要な患者様を主に受け入れている病棟です。
病棟の窓から見える朝日、夕日、陸奥湾の景色に癒されながら、患者様の笑顔を少しでも多く引き出せるよう個別性を大切にし、暖かな時間を過ごしていただけるようスタッフ全員で笑顔と優しさをモットーに頑張っております。

 

医療療養病棟

 

外 来

当院の外来は、内科・整形外科・リハビリテーション科
があり、地域に密着し患者様の立場を尊重し、笑顔とまごころで心温かく思いやりのある看護を提供しています。
当外来を受診された患者さまは、病院の温泉浴(自称久栗坂温泉)に入る事ができ、とても喜ばれています。
また、地域連携パス(大腿骨頚部骨折、脳卒中)の患者様がスムーズに入退院できるよう、他施設とのコミュニケーションをとり、継続看護が充実できるよう努めています。

 

教 育

《新人教育》

目  的

組織人として自覚を養い、先輩の指導を受けながら患者様に適切な援助ができる

目  標

1.病院・看護部の概要・システムを把握する

2.組織の一員としての役割を理解し行動することができる

3.看護・介護の基本的知識・技術・態度を身につける

4.指導を受けながら、個別性のある看護・介護を展開できる

方  法

1.オリエンテーション&レクチャー

2.プリセプター制を取り入れ、業務チェックリストに沿って指導・教育を行い、項目ごとにきちんと評価し補うようにする(3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月)

3.指導・教育は、看護・介護マニュアル等を用いて実施し評価する

4.指導・教育に対する評価内容はきちんと新人へ返すように心掛ける

 

研 修 名 研修内容 担  当
集合教育

4月:基礎看護技術研修
9月:フォローアップ研修

担当看護師

現場教育
(OJT)

プリセプター制を導入

看護業務チェックリストを活用し、定期的に到達度チェック
(3ヶ月評価、6ヶ月評価、12ヶ月評価)

プリセプター
看護師

病棟スタッフ

 

 

継続教育》

目  的

病院の理念、看護部の理念を理解し、専門職業人として自己啓発に努め、看護・介護の専門性を高める

目  標

1.組織の一員として自覚し、役割を果たすことができる

2.病棟の特殊性を理解し、安全でかつ効果的な看護実践ができる

3.専門職として看護の質の向上を目指し、自己啓発を図ることができる

方  法

1.日々の臨床実践の中で教育し自覚を促す

2.専門知識・技術を見直し、自己学習の継続を促す

3.視野を広げ、日々の看護・介護に生かせるように、集合教育・院外研修(看護協会・各種学会・セミナー等)へ積極的に参加させ知識を深める
※院外研修に対しては、出張として参加費等の支援をしている

 

研 修 名 研修内容
院内研修

集合教育(教育委員会企画)

院外研修

看護協会主催の研修会

各種学会、セミナー等の研修会 等

 

実習受け入れ

・ 青森県立保健大学看護学科 老年看護学
・ 青森中央短期大学看護学科 高齢者看護学
・ 青森中央短期大学看護学科 総合看護学
・ 青森中央学院大学看護学科 高齢者看護学
・ 青森中央学院大学看護学科 総合看護学

 

奨学金貸与制度

看護師を目指すあなたをバックアップします!

当院では、看護師を目指して勉学に励んでいる学生の方を対象に、学費面でサポートする奨学金制度を設けております。
この制度を利用することにより、学校での学生生活における経済的な負担を軽減し、有意義で充実した学校生活をお過ごしいただけると思います。
※応募は随時受付けております。年度途中からでも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。また、病院見学も随時受付けております。

 

奨学金貸与制度

求人情報

福利厚生

 

 

↑このページのトップへ

 

看護部の理念・看護部基本方針看護基準部署紹介教育実習受け入れ・奨学金制度